青じゅるはスキンケア用の

 

オールインワンジェル

 

です。

 

自然の成分を活かした緑色のジェルが

たっぷり150gも入っています。

 

ところで、この「青じゅる」には

2つのタイプがあるのをご存知ですか?

 

2つのタイプがどう違うのか、成分は

どうなっているのか知りたいですよね。

 

青じゅる全成分について見てみましょう。

 

青じゅるには2つのタイプがあってそれぞれに成分の違いがある

タイプが2つあれば、当然のことながら

この2つのタイプの成分は違うものに

なります。

 

タイプごとにどのような成分があって

どこに力を入れているのかを知りたい

ですよね?

 

青じゅるの2種類のタイプについて

青じゅるには

「しっとりタイプ」

「さっぱりタイプ」

の2種類があります。

 

「しっとりタイプ」

肌の乾燥が気になる人のために考えられて

います。

肌の保湿機能を少しでも高くすることで

 

しっとり

 

させたいという人に合っています。

密着ゲルクリームで肌を潤わせます。

 

 

「さっぱりタイプ」

ニキビや肌があれていてお悩みの人の

ために考えられています。

スキンケアの後にお肌にハリやツヤを出して

 

さっぱり

 

させたいという人に合っています。

化粧水のような使い心地で角質を

保護してくれます。

タイプ別全成分と力をいれている主成分とは?

しっとりタイプ全成分

 

水、BG、グリセリン、マルチトール
ベンチレングリコール、ヒトオリゴペプチド-1
フランスカイガンショウ樹皮エキス
メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁
グリチルリチン酸2K、チャ葉エキス
カミツレ花エキス、サクラ葉エキ ス
オリーブ葉エキス、ビワ葉エキス
アロエベラ葉エキス、カッコンエキス
クロレラエキス、ヨモギ葉エキス
ツバキ葉エキス、サガラメエキス
ユキノシ タエキス、マグワ根皮エキス
カンゾウ根エキス、スクワラン、アボカド油
水 添レシチン
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))
クロスポリマー
ステアロキシPGヒドロキシエチルセルローススルホン酸Na

フェノキシエ タノール、銅クロロフィリンNa、水酸化Na

 

しっとりタイプのみに配合されていて、

主成分でもあるのが

「EGF」

で、化粧品の成分表示では

ヒトオリゴペプチド-1

と表記されます。

この「EGF」には筋肉や骨や皮膚の細胞の

成長と代謝を整える働きがあります。

 

ダメージを受けた皮膚の粘膜を再生して

くれるんです。

 

美容効果としては

肌の新陳代謝が高まるのでターンオーバーを

促進させて古い角質を取り除いてくれます。

 

肌のゴワゴワした感じや吹き出物などの

肌のトラブル改善が期待できます。

 

さっぱりタイプ全成分

 

水、BG、グリセリン、マルチトール
スクワラン、アボカド油、カルボマー
アラントイン、グリチルリチン酸2K
アセチルヒアルロン酸Na、チャ葉エキス
マグワ根皮エキス、カミツレ花エキス
バセリエキス、サクラ葉エキス
オリーブ葉エキス、ビワ葉エキス
加水分解コラーゲン、ユキノシタエキス
カンゾウ根エキス
ビフィズス菌発酵エキス
アロエベラ葉エキス、カッコンエキス
クロレラエキス、ヨモギ葉エキス
褐藻エキス
スーパーオキシドジスムターゼ
フラーレン、テトラペプチドー1
オリゴペプチドー24、PVP

ベンチレングリコール
1,2-ヘキサンジオール
カプリリルグリコール、水酸化K
銅クロロフィリンNa
フェノキシエタノール、塩化Na

 

さっぱりタイプのみに配合されていて、

大きな働きを持っているのが

「フラーレン」

です。

 

フラーレンの一番の特徴は

抗酸化力

という細胞のサビつきを防ぐ働きです。

 

細胞がサビつくと酸化して老化現象を

引き起こします。

そうすると

  • シミ
  • しわ
  • くすみ
  • たるみ

などがひどくなり、肌の弾力が失われて

乾燥がひどくなったり様々な肌トラブルを

招きます。

 

フラーレンはビタミンCの172倍以上の

サビつきを防ぐ効果を持つそうです。

 

美容効果としては

メラニン色素の沈着を防いでくれ、

シミやそばかすの発生を抑えてくれます。

 

肌のバリア機能を修復させることによって

ニキビや肌あれを軽減したり改善したり

という効果が期待できます。

 

自分の悩みによって選べる2つのタイプの

オールインワンジェル

「青じゅる」の特徴です。

全額返金保証付きは公式サイト限定です

↓  ↓  ↓