10代や20代の頃は

 

「あ、ニキビ」

 

って学校に行く前に鏡とにらめっこ

していたのに、40代になっていからは

 

「吹き出物」

 

って言わなくちゃならなくなりました。

 

吹き出物ってやっかいですよね。

 

できたことよりも、きれいに治ってくれる

かどうかが悩みのタネになります。

 

吹き出物で肌が汚いことになってしまう

原因と対策についてお話しします。

 

吹き出物ができることのデメリットについて

吹き出物ができてしまうと、顔が汚く見える

ことってありますよね。

 

肌が凸凹したり、吹き出物の治りかけた痕が

嫌で鏡を見ると目をそむけたくなります。

 

肌触りもゴワゴワしたりザラザラしていて

ちょっと触りたくないかも・・・・・

 

見た目が汚くなると鏡を見たくないし、

メイクだって楽しくありません。

 

それに、お肌が汚いと老けて見えます

 

人から見られる第一印象だって、よく

ないですよね。

 

色々なことがマイナスになります。

 

このまま放っておくとどうなるの

でしょう?

 

吹き出物痕の汚い肌を改善しないと、

メイクなしでの生活ができなくなるかも

しれません。

 

まずすっぴんでいられなくなります。

 

そうなると自分をさらけ出せないので

ストレスも溜まり精神的にもマイナス

になります。

 

人に会うのが嫌になります。

 

吹き出物ができて肌が汚くなる原因を教えて?

吹き出物で顔が汚くなるその原因は免疫機能

の低下と抗酸化酸素の働きの低下です。

 

生活の中のストレスも原因になります。

 

人間関係や食生活の乱れ、睡眠不足、

喫煙などですね。

 

吹き出物での「肌が汚い」の改善方法とは?

汚くなった肌を治すにはストレス解消

疲労回復腸内環境を整える

 

そしてスキンケアを正しく行うことです。

 

生活の中でストレス解消の方法を見つけつつ

バランスのとれた食事としっかりとした睡眠

をとって心も体も休養させてあげましょう。

 

吹き出物で肌が汚くなるのを防ぐためにできるスキンケアとは?

スキンケアにおいてはどんなことを注意して

行えばいいのでしょう?

 

吹き出物を繰り返す時って肌質が悪くなって

います。

 

ターンオーバーの周期にもよりますが肌質を

変えるためには1ヵ月から2ヶ月ぐらいかけて

ケアしていきましょう。

 

洗顔はしっかり泡立てた泡のみが肌に触れる

ような感覚で優しく洗ってあげます

 

洗顔の後の保湿も大切です。

 

保湿に使う化粧品は成分が本当に自分に合っ

ているのか、刺激が優しい敏感肌の場合でも

使えるのかを考えて選びましょう。

 

荒れてボコボコになった肌をメイクで隠すの

は良くありません。

 

 

お肌も荒れて敏感になっているのに化粧品

なんて使って大丈夫なのでしょうか?

 

私がおすすめするのは、

 

サクラムアルジェモイスチャージェル

「コンプリートマスク」です。

↓  ↓  ↓

 

コンプリートマスクは、

 

乾燥肌

敏感肌

年齢肌

 

のことを考えて作られたオールインワン

ジェルのスキンケア化粧品です。

 

保湿成分に優れたヒアルロン酸の何倍も

保水力の高い

 

サクラン

 

という成分を配合しています。

 

お肌に毎日潤いをあげるのなら保水力が

高く、保湿機能が優れたスキンケア用の

コスメを使いたいですよね。

 

また「コンプリートマスク」は

 

どうしてもお肌に合わない場合は

 

全額返金保証制度

↓  ↓  ↓

 

もついています。

 

オールインワンジェルなので時間も

かかりません。

 

面倒くさがりの私でも続いた商品です。

 

吹き出物の痕の肌が汚いままはイヤですね。

 

保湿ケアをしっかり続けて肌をきれいに

生まれかわらせてあげましょう。