顔のシミやくすみはターンオーバーが関係

しているといえますよね。

 

ターンオーバーというのはお肌の再生のこと

です。

 

20代では約28日と言われているターン

オーバーの周期が40代になると人にもより

ますが45日~60日位まで長くなります。

 

お肌の再生のしくみと影響を及ぼすものとは

子供の頃って怪我してもすぐに傷が治って

いたのにいつの頃からかケガをした傷の痕

が残ってなかなか消えなかったり・・・・・

 

そういうことってありませんでしたか?

 

これは年齢とともにターンオーバーの周期が

長くなっているからなんです。

 

お顔の肌も同じです。

 

その年代に合った周期でお肌が作られ、

そしてできた肌細胞が古くなって垢と

なって剥がれ落ちまた次の新しい肌細胞が

できてくる。

 

この循環の繰り返しなんです。

 

皮膚の新しい細胞って表皮と呼ばれる中の

4つの層で作られます。

 

1番下の層で細胞が生まれてそれが少しずつ

上に押し上げられてきます。

 

1番上は角層と言われそこまで上がってくる

と肌細胞は角質細胞になります。

 

次に新しくできてきた細胞から押し上げられ

て垢となって剥がれ落ちます。

 

ターンオーバーの周期の乱れによる影響って?

ターンオーバーは早くても遅くてもお肌には

良いことがありません。

 

早すぎると細胞が完全に作られないまま未熟

な状態でお肌を守ることになるので外からの

刺激に弱くなります。

 

いろんな刺激に耐えられずに敏感肌になって

しまう可能性もあります。

 

逆にタウンオーバーが長すぎると古い角質が

ずっと残ったままになりその角質が厚くなっ

てしまいます。

 

そうなるとくすみが起きたりお>化粧のノリも

悪くなります。

 

お顔の肌再生のサイクルの乱れってなぜ

起こるのでしょうか?

 

1番は生活習慣の乱れです。

 

バランスの良い食事を取らなかったり無茶な

ダイエットをしたりまたは睡眠不足や生活の

中で様々なストレスが溜まることも原因の

1つです。

 

お肌ってデリケートなんですね

 

顔の肌再生を正常に戻すためには?

年齢を重ねることによってもターンオーバーは

乱れていくきます。

 

人間誰しも歳をとりますので、それは仕方の

ないことです。

 

しかしそのターンオーバーを少しでも正常に

するためには日ごろのスキンケアも大切に

なってきます。

 

お顔の肌再生がきちんと行われるためには

生活習慣を規則正しく行うことが一番です。

 

でもそれだけじゃないんです。

 

正しいスキンケアのやり方をしてないと

ターンオーバーの周期はすぐに乱れて

しまいます。

 

クレンジングで洗浄力の強いものを使うと

顔の皮脂まで洗い流してしまいます。

 

そうするとターンオーバーが早くなって

しまいます。

 

洗顔はしっかりメイクでない限りはなるべく

ぬるま湯だけですすぐだけがおすすめです。

 

肌の再生が乱れている場合はそれを回復

させるためにも時間が必要です。

 

1日2日で何とかなるものではありません。

 

ターンオーバーを正常に保つために

効果的な美容成分はセラミドです。

 

私たちの身体の中では正常な肌の表皮でしか

セラミドって作られないんだそうです。

 

ですのでお顔の肌再生の機能がきちんと回復

するためにはセラミドを配合した化粧品を

使うといいかもしれませんね。

 

私がおすすめするのは

 

サクラムアルジェモイスチャージェル

「コンプリートマスク」です。

↓  ↓  ↓

この化粧品はスキンケア用のオールインワン

ジェルです。

 

ヒアルロン酸の何倍もの保水力を持つ

 

サクラン

 

と言う美容成分が配合されています。

 

その他にもお肌のターンオーバーに

欠かせないグルコシルセラミド

配合されています。

 

たっぷりの保湿機能を持つこの化粧品で

お顔の肌再生を回復させていきましょう。

 

サクラムアルジェのモイスチャージェルは

公式サイトから購入することで

 

「お得なお試しコース」

 

利用できます。

 

コースではありますが回数しばりのない

1回きりの購入も可能です。

 

通常価格よりお安くなるだけでなく送料も

無料になります。

 

何より1番の特典は

 

30日間全額返金保証制度

↓  ↓  ↓

 

がついていると言う事です。

 

オールインワンジェルですのでこれ1つで

7つの役目も果たしてくれる機能性の高い

化粧品なのです。

 

お顔の肌を正常に保つことで若々しさを

保ちましょう。