酵素洗顔ってよく耳にしますね。

 

私のイメージとしてはニキビや肌あれによく

て、頑固な汚れも落として毛穴まできれいに

してくれそうな感じです。

 

「酵素洗顔効果なし?」と言われる状況と

どういう時に実行したらいいのかを考えて

みましょう。

 

酵素洗顔は本当に効果なしなの?どういう時に行うのが正しいの?

酵素洗顔は角栓を落とすのにとても効果が

あるとよく言われています。

角栓とは?

ニキビの元であり、皮脂腺から分泌された

皮脂やその周囲の角質が毛穴で固まって

大きくなったもののことをいいます。

 

角栓を生み出す原因について

 

角栓の原因は主に2つあります。

 

  1. 乾燥肌だから
  2. 古い角質が残っているから

 

お肌って乾燥すると、それを補おうとして

皮脂が多量に分泌されやすくなります。

 

それがまた毛穴を詰まらせてしまう角栓の

もとになりやすいです。

 

乾燥肌は角質を作り出す悪循環を生みだす

ということですね。

 

古い角質が残っているというのは、メイクが

しっかり落とされていなくて汚れが残り毛穴に

詰まっている場合です。

 

また年齢を重ねることによるターンオーバーが

乱れて周期が長くなっていることで角質が剥が

れずそのまま皮膚の表面に残っているためです。

 

酵素洗顔ってどういう洗顔方法なの?

酵素洗顔とは酵素を使ってタンパク質脂肪

分解する洗顔方法です。

 

ピーリングのように肌表面を削ることで古い

角質を取り除きます。

 

お肌のくすみを改善したり毛穴の黒ずみや

角栓を取り除く、ターンオーバーを整える

などの働きがあるんです。

 

なので酵素洗顔は通常で落ちきれない汚れ

落としてくれるという意味では

 

効果あり

 

です。

 

しかし、使い方を間違えればとても強力な

洗顔方法なので乾燥肌をひどくさせたり、

場合によっては敏感肌を招いたりするので

 

美肌作りには

 

効果なし

 

と言われてしまいます。

 

使い方一つでお肌に凶器になったり救いの主

になったりします。

 

酵素洗顔の注意点とは?

酵素洗顔を行う際の注意点としては、洗浄力が

とても強いのでピーリングと同様、行うのは

週に一回くらいにすること。

 

また酵素洗顔の中の添加物がお肌を傷めるもと

になるので無添加のものを使うこと。

 

酵素には2種類あって、天然由来のものと合成

酵素に分かれます。

 

合成酵素は洗浄力が高すぎて角質を根こそぎ

とってしまう恐れがあるので天然由来のもの

を使いましょう。

 

酵素洗顔を行うのは夜の洗顔の時のみにした

ほうがいいです。

 

なぜなら朝から酵素洗顔をやるとお肌のバリア

機能を弱めてしまうので、日中に紫外線を

受けたときの危険が高まるからです。

 

酵素洗顔を行ってすぐあとにはお肌のバリア

機能も低下している状態なのでなるべく早く

保湿を行って肌表面を整えてあげましょう。

 

酵素洗顔の後の保湿はお肌が過敏になって

いますし、肌バリアも弱まっています。

 

なるべくお肌への刺激を避けるためにも

何度もお肌に触れる必要のない

 

オールインワンジェル

 

を使用することが望ましいです。

 

私は敏感肌にも使えて無添加、おまけに

高保湿成分「サクラン」を含む化粧品を

使っています。

 

サクラムアルジェモイスチャージェル

「コンプリートマスク」

↓  ↓  ↓

これは1つで7役のオールインワンジェル

です。

 

これ一つでスキンケアが完結します。

 

酵素洗顔はとても魅力的な洗顔方法ですが、

やり方と回数、そして時間帯を間違えると

お肌にとってはマイナスになってしまいます。

 

 

正しい方法で行って美肌を目指しましょう。