みかんは美味しいし、お肌にいいビタミンC

も詰まっています。

 

でもお肌のデコボコが特徴の

 

「みかん肌」

 

はイヤですね。

 

毎日鏡を見てはため息をついてしまう

そんな「みかん肌」って治らないもの

なんでしょうか?

 

改善方法があるのでしょうか?

 

みかん肌は治らないとあきらめてませんか?

みかん肌の原因は大きく2つです。

 

1つは毛穴が開いていること、もう一つは

ニキビ痕が治らなかったりアトピーなどの

肌あれが原因のこと。

 

みかん肌のタイプを知って正しい改善を!

みかん肌にはタイプがあるので、自分の

タイプを知って改善方法を取り入れていき

ましょう。

 

 

毛穴の開きタイプ

洗顔でしっかりと毛穴の奥の汚れまで落と

して毛穴の汚れを取ってあげる。

 

そして開いてしまった毛穴をひきしめる。

 

洗顔後の保湿ケアを行う。

 

ニキビ・肌あれタイプ

ニキビができて痕は治らずに時間が経って

しまっているため、お肌のターンオーバー

を促して新しい皮膚を肌の表面まで持って

きてあげる方法です。

 

毛穴が開いている時って毛穴の周りの皮膚

の潤いがなくなっています。

 

年齢を重ねたことによるものや乾燥肌である

こと、スキンケアが間違っていることが原因

なのですが、お肌にうるおいを与えてあげる

必要があるんです。

 

そしてどちらのタイプにも共通するのが、

正しい洗顔の後の

 

保湿ケア

 

です。

 

保湿はただ水分を与えてあげることでは

なく肌のバリアを作ってくれるように

肌の内部の成分に働きかけてあげたり

肌の内部の細胞を元気にしてあげることが

必要なんです。

 

みかん肌ってどのくらいの期間ケアすればいいのか?

みかん肌が治らない場合って若い時に

ニキビや肌荒れなどを起こしてそれが

そのままボコボコと形になって残って

しまったことが原因でしょう。

 

毛穴の開きによるものも地道なケアが

必要なのですが、ニキビや肌あれで

デコボコになったお肌は固くなって

います。

 

正常な皮膚の細胞も少なくなっています。

 

これを直そうとするなら肌の再生を何回も

繰り返して少しずつ正常な肌の細胞を皮膚

の表面まで持ってきてあげる必要があるん

です。

 

ターンオーバーを促してあげることが

大切です

 

ですので年齢にもよりますが、ターン

オーバー周期を何サイクルも重ねながら

徐々に改善していくと考えてほしいです。

 

最初は古い角質が完全に硬くなっている

ので美容成分がなかなか行き届かない

こともあります。

 

しかし正しい洗顔と保湿ケアを繰り返す

ことによってお肌にも正常な細胞が増えて

いき美容成分も浸透するようになります。

 

今もニキビができているという場合は

ニキビ改善のためのお薬をつかうことが

一番です。

 

洗顔はニキビの部分に触れないように

優しく行いましょう。

 

毛穴の開きによるみかん肌はまず乾燥

させないことが大切なんです。

 

毛穴開き=乾燥はダメ

 

どういうこと?

って思いますよね。

 

毛穴が開いていくのは毛穴に余分な皮脂や

汚れが詰まることが原因です。

 

皮脂は皮膚の表面から出る脂のことです。

 

なぜ皮脂が出るかというとお肌を守るため

です。

 

乾燥が激しいと自分で自分のお肌を守らな

きゃいけないとお肌が必要以上に皮脂を

出すんです。

 

そうすると出過ぎた皮脂は毛穴に詰まって

しまうんです。

 

皮脂を詰まらせると毛穴は開きます。

 

だから毛穴の詰まった汚れを洗顔で落として

あげた後は毛穴が今後も開かないように保湿

ケアをしてあげるというわけです。

 

保湿力の高いオールインワンジェルなどで

洗顔後のケアを行ってください。

 

私は保湿力の高いこちらを

使っています。

↓  ↓  ↓

サクラムアルジェモイスチャージェル

「コンプリートマスク」

ヒアルロン酸の何倍も高い保湿力が

証明されている

 

サクラン

 

配合のオールインワンジェルです。

 

正しい洗顔と保湿はみかん肌の改善に

かかせないものです。

 

改善には時間がかかります。

 

地道なスキンケアを行っていても時間が

かかると

「みかん肌は治らない」

とあきらめたくなるかもしれません。

 

でもお肌のデコボコが改善されると

お化粧するのもお出かけするのも楽しく

なりますよ。