ピーリング

 

というのは「はがす」「皮をむく」

と言う意味です。

 

お料理の野菜の皮むき器「ピーラー」もこの

皮をむくという意味から名づけられています。

 

ピーリングはお肌の悩みを解決してくれる

美肌効果につながるスキンケアです。

 

ピーリング注意点をよく理解して正しく

行っていきましょう。

 

ピーリングの注意点について

古い角質が皮膚にとどまっていると

  • 小じわ
  • シミ
  • にきび
  • 毛穴の黒ずみ
  • クマ

などの肌トラブルを引き起こします。

 

ピーリングには色々なタイプの方法があり

ますが「拭き取りタイプ」「こするタイプ」

はあまりオススメできません。

 

ただでさえ薬剤でお肌の角質をはがします

ので肌表面は刺激に弱くなるし敏感肌に

なっています。

 

ピーリングのやり過ぎや化粧水やクリームの

塗りすぎを繰り返すとお肌はさらに硬くなっ

てしまいます。

 

年齢を重ねている場合はターンオーバーの

周期が長くなるのは当たり前のことなので

必要以上にピーリングを行うよりも普段の

保湿ケアをしてお肌ほったらかしにしない

ことのほうが大切です。

 

必ず知っておいたほうがいいピーリングを行う際の注意点

エステなどでピーリングを行う場合は専門の

美容部員がいますので良いのですが、自宅で

行うセルフピーリングでは様々な危険があり

ます。

 

ピーリングの後は自分が思うより刺激を受け

やすい状態であることを心に留めましょう。

 

ピーリング後は特に紫外線対策が必要で、

いつも以上に念入りにしてください。

 

日焼け止めは当たり前です。

 

その他にも帽子をかぶったり日傘をさしたり

襟や袖のある服で行動してください。

 

使用する日焼け止めについても紫外線吸収材

ではなく紫外線散乱剤を使いましょう。

 

また日焼けすると火傷と同じでお肌が傷つい

た状態になります。

 

焼けた黒い肌をどうにかしたいという気持ち

はわからないでもないですが、セルフピーリ

ングは行ってはいけません。

 

最低でも2週間から1ヵ月は避けましょう。

 

朝からピーリング石鹸ピーリング剤

使わないこと。

 

日中お肌が敏感なまま過ごすと刺激は

かなりのものです。

 

ピーリングを行うのは夜がおすすめです。

 

ピーリング後の肌が薄くなっているときは

敏感であると同時に美容成分が浸透しやすい

ときでもあります。

 

保湿成分や美白成分を補ってあげましょう。

 

保湿成分と美白成分が配合されていて

敏感肌の人が使えるように無添加を

実現させてあるオールインワンジェル

があります。

↓  ↓  ↓

  エニシングホワイト

もちろん、ピーリングをしなくても

日常のスキンケアに使える化粧品です。

 

ピーリングは注意点を守って使うことで

お肌の救世主となります。

 

自分流に変えて使うのはやめましょうね。