白斑と言えば白く皮膚の色が漂白して抜けた

ような感じになるイメージがあります。

 

何年か前に大手化粧品メーカーで白斑問題が

話題になりました。

 

その時の成分は「ロドデナール」でした。

 

リペアジェルはシミに関しても力を入れて

いる商品です。

 

となればリペアジェルを使う人は白斑への

不安も出てくるかもしれませんね。

 

リペアジェルの使用で白斑への心配はないの?

ちなみにリペアジェルのビタミンCはとうも

ろこし(コーンスターチ)から抽出されて

いて、数々のアミノ酸は無農薬栽培米と少量

の大豆から抽出されています。

 

リペアジェルには白斑になるような成分は

ありません。

 

それに今までリペアジェル使って白斑になっ

たと言う報告もされていません。

 

白斑が起こったできごとの内容とは?

白斑になるのはもともと生まれついての

先天性のものと以前起きた化粧品による事件

のように後天性のものに分かれます。

 

化粧品で起こった白斑は「科学白斑」でした。

 

科学白斑のしくみはメラニン色素を乱す

メラノサイトが少なくなったり完全に消えた

ことによって皮膚の色が薄くなったり白く

なったりしてしまったのです。

 

また白斑になる前には痒みがあったり赤みが

出たりなど何らかの症状があった人が多かっ

たようです。

 

そういえば数年前にも洗顔石鹸で小麦アレル

ギーになったというニュースもありましたね。

 

化粧品は必ずパッチテストを行って試すこと

を習慣にしましょう。

 

シミを改善したいと思って使ってみた化粧品

で白斑ができてしまったとしたら本末転倒

ですよね。

 

化粧品のシミ改善効果について

そもそも化粧品だけでシミは消えません。

 

もとからあったシミが薄くなったとしたら

それは肌のターンオーバーが活性化したこと

でシミの改善効果が出たと考えたほうがいい

です。

 

もちろん、ターンオーバーを正常化させる

ことによってシミ改善効果をうたっている

商品だってあります。

 

しかし美白化粧品にはシミの改善よりも、

今後のシミ発生を予防する目的が強いと

思います。

 

今現在顔に現れていなくても誰もがかくれ

ジミを持っています。

 

美白化粧品はそのかくれジミにも働きかけて

くれるのです。

 

シミ改善のためのスキンケアとは?

シミを薄くするためには紫外線予防のケアと

保湿ケアが基本です。

 

肌の新陳代謝を促して紫外線対策を徹底して

新しいシミを作らないと言うケアが重要です。

 

私の場合は敏感肌でアルコールにかぶれるし

植物のアレルギーもあって花粉症もあります。

 

ですので化粧品を選ぶ際に注意している事は

お試し商品があるかまたはいざと言うときの

返金保証があるかということです。

 

また購入してからは必ずパッチテスト行うと

いうことを基本にしています。

 

シミを薄くしたいと思うときの基本的なスキ

ンケアは保湿にあります。

 

リペアジェルも保湿成分において植物由来の

成分を多く摂り入れてあり、魅力的です。

 

ですが、私には続けていくのにコストが

高いなあとちょっとためらってしまいます。

 

もう少しお手頃で保湿成分に満足いくもの

を探してみました。

 

それがこちらです。

↓  ↓  ↓

サクラムアルジェモイスチャージェル

「コンプリートマスク」

保湿成分といえば「ヒアルロン酸」は有名

ですが、そのヒアルロン酸の何倍もの保水力

と保湿機能があるという美容成分

 

サクラン

 

を配合したオールインワンジェルです。

 

無添加で敏感肌対応、お値段的にもお手頃

です。

 

もちろん

 

全額返金保証付き制度

↓  ↓  ↓

もあります。

 

自分の条件に見合う化粧品を探すことも

スキンケアを続けていけるコツですね。

 

主婦には金銭面や簡単さ、手軽さなども

一つのポイントになりますね。