お肌がうるおっている。

 

もちもちしている。

 

これってお肌の状態がとても良好だって

ことですよね。

 

逆にお肌がカサカサしているというと、水分

も少なく乾燥しているような状態のことです。

 

若々しく肌トラブルの少ないお肌を目指す

にはお肌の水分を保ってあげなくてはなり

ません。

 

水分保持力高めるためにはどうしたらいいの

でしょうか?

水分保持力を高めるとは?お肌をうるおわせることの意味について

乾燥するとお肌のバリア機能が低下します。

 

他にもたくさんの肌トラブルが起こり、

それはお肌の老化につながります。

 

お肌の保湿ってとても大切です。

 

水分保持力を高めるってことはお肌の保湿

をしてくれる肌細胞を守ってあげることと

お肌の水分を維持するだけのバリア機能を

持つ成分を補ってあげることです。

お肌を潤わせるということはどうすることなのか?

水分をとどめておけない場所に水分を取り

入れてもダメなんです。

 

水分をどんどん送り込んでも結局すぐに

失われてしまいます。

 

わかりやすく言いますと、目の粗いザルの

中に水を溜めようとしてもどんどん流れて

いってしまいます。

 

ザルのように穴だらけ、キメが粗い場所には

いくら水分だけをつぎ込んでも永遠にその場

をうるおすことができないのと一緒です。

 

水分をしっかり維持するためには、まず環境

を整えることが大切です。

 

ザルの目を塞ぐジェル状の成分を張り巡ら

せてあげると水分は流れ出ていかずにすみ

ます。

 

ですので化粧水などで乾燥したお肌をケア

するだけでなく、その水分をお肌にとどめて

あげられる成分を補ってあげる必要があるの

です。

乾燥肌や老化につながる肌トラブルの改善には水分保持力を高めるケアが必要

化粧水だけで保湿してあげようとすると

しばらくは潤っているように見えます。

 

しかし湿ってふやけた角質細胞が膨張し

剥がれやすくなってしまうのです。

 

剥がれた細胞の隙間からもともとお肌が

維持していた水分さえも蒸発してしまう

ので逆効果なのです。

 

化粧水はその後につける美容液やクリームの

浸透を良くするための調整役にはなりますが

保湿効果としては劣るのです。

 

もし化粧水を使うならばそのあとに、水分

保持力を高める成分を補う必要があります。

 

水分保持力を高める美容成分と対策について

お肌の水分を保持してくれている8割が

 

セラミド

 

と呼ばれる美容成分です。

 

水分保持力を高めるための対策は、もともと

存在しているセラミドを守ることと新しく

セラミド成分を補ってあげることです。

 

今もっている肌のセラミドを守るためには

やってはいけないことがあります。

 

それはスキンケアの中で

 

  • 洗いすぎない
  • 擦り過ぎない
  • 触り過ぎない

 

ということです。

 

洗顔は優しく行い、その後の保湿ケアでも

必要以上にお肌をさわらず済ませることが

大事です。

 

セラミド成分が入っているオールインワン

ジェルを利用するのもいいですね。

 

私はこちらを使っています。

↓  ↓  ↓

サクラムアルジェモイスチャージェル

「コンプリートマスク」

乾燥肌に最適のオールインワンジェルです。

 

また生活の中で乾燥肌や敏感肌を作らない

ためには食生活の乱れや睡眠不足などの

日々の生活リズムを整えることが大事です。

 

生活リズムがくずれると新陳代謝も悪く

なります。

 

それだけでなく、保湿成分として大切な

 

セラミド

 

を破壊してしまうことにつながります。

 

紫外線対策もきちんと行いましょうね。